フジ「鬼滅の刃」第2期放送にささやかれる不安

視聴者が思い出す「アナ雪の悪夢」とは?

フジテレビのHPには早速『鬼滅の刃』第2期のキービジュアルが(©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

『週刊女性PRIME』が5月18日に報じたとおり、アニメ『鬼滅の刃』の第2期にあたる〈遊郭編〉をフジテレビ系列で放送することが発表された。2020年10月に公開、歴代興行収入1位となる400億円超えを記録した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の続編だけに、高視聴率が望める“キラーコンテンツ”はどの局も手にしたかったことだろう。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

もともとアニメの第1期は、2019年4月から9月にかけて首都圏を放送地域とする「TOKYO MX」の深夜枠で放送されていた。第2期も「TOKYO MX」での放送は継続されるとのことだが、突然入ってきたキー局のフジが“横取り”してるようにも……。

「それは違いますね。近年のアニメは“製作委員会”を立ち上げて、そこにスポンサーが出資するという形がメインとなっていますが、『鬼滅』はアニメ会社のアニプレックス、原作の著作権を保有する集英社、そして制作会社のufotableの3社による合同製作です。よってMXさんが製作委員会に名を連ねたり、出資していたわけではありません。

今回の2期も同様にMXさんが、そしてキー局のなかでフジテレビさんがめでたく放映権を獲得した、という極めて正当な流れなんですよ」(アニメ専門誌編集者)

原作を改変してオリジナルに

「鬼滅」ブームが大きくなるにつれて、いち早く第1期の放映権を獲得して“再放送”をしていたフジだけに、そのツテから無事に2期もゲットできたというわけか。ところが、この“フジと人気アニメ”の組み合わせを不安視するファンもいるという。どういうことか。

「どうも同局で放送された『約束のネバーランド』での“やらかし”がいまだに引っかかっているようです」とはアニメ事情に詳しいライター。

フジの深夜アニメ枠『ノイタミナ』にて2021年1月、『鬼滅の刃』と同じ『週刊少年ジャンプ』で掲載されていた人気漫画『約束のネバーランド』の第2期アニメが放送された。しかし、フジはアニメファンにとって耐えがたい“タブー”を犯したのだ。

「思ったよりも視聴率が伸びなかったからか、それとも当初より第2期での終了が決まっていたのか。原作を大幅にカット、改変してオリジナルストーリーに仕立て上げて放送したのです。ファンにとって重要とされるエピソードもごっそり削がれていたことから、ネット上では不満の声があふれました。

そんな“前科”があるフジだけに、『鬼滅』ファンは“頼むから余計なことはしないで”と原作が忠実に再現されることを願っているんですよ」(アニメライター)

また、さらに危惧されているのが“過剰演出”だ。9月25日には放送に先駆けて『土曜プレミアム』にて、劇場版を地上波初放送することも決定しているのだが、思い出されるのが2017年3月4日に同枠で放送されたアニメ――。

次ページディズニー映画を改変
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT