フジ「鬼滅の刃」第2期放送にささやかれる不安

視聴者が思い出す「アナ雪の悪夢」とは?

「同じく“地上波初放送”をうたった『アナと雪の女王』です。社会現象にもなったキラーコンテンツを放送できるとあって力が入りすぎたのでしょう(苦笑)。開始前から“いよいよ放送”などと過剰なあおりも見受けられたのですが、問題は本編終了後のエンドロールでした」(前出・アニメライター)

「アナ雪」といえば「レット・イット・ゴー~ありのままで~」が大きく知られ、映画館では観客全員で合唱する企画も生まれたほど。これに便乗したフジは、本来ならばMay J.が歌うエンディングテーマが流れるところを“改変”。

ディズニー推しの芸能人や自局のアナウンサー、視聴者の投稿映像を織り交ぜたオリジナルのエンディング映像を流してしまった。映画の余韻を消したことに加えて、他の映画の番宣までブチ込んだことで“アナ雪が台無し”と炎上騒ぎに。

 “尺”の関係でエンディングをカットするのは他局でもあれど、わざわざ作り直して、それが批判されるのは異例。その後の定例会見で当時の亀山千広社長が“唐突感はあった”と、いきすぎた演出を反省するハメになった(苦笑)」(前出・アニメライター)

「楽しくなければ〜」の体質

この教訓を生かしてか、2019年1月3日にテレビ朝日に“鞍替え”して放送された「アナ雪」は無事に通常エンディングが流れた模様。視聴者はようやく地上波で“完全版”を見ることができたのだ。「う〜ん、フジテレビさんの“体質”ですね」とは広告代理店営業マン。

“楽しくなければテレビじゃない”とは同局の標語のようなもので、そんなテレビマンの“性”か、よかれとの思いから一部で“悪ノリ”にも見える過剰演出の傾向があるのも事実。今回、『鬼滅』放映権をとったことで早速、花江夏樹ら出演声優陣の同局番組への番宣行脚や、特集企画なども練られ始めていると言います。でも、ファンが純粋に見たいのは丁寧に作られた作品そのもの。浮かれずに“ありのままの”『鬼滅の刃』を放送するだけで、自ずと視聴率は稼げると思いますよ」

原作ストーリー同様に、演出面でもハラハラドキドキさせられそうだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT