リノベる、中古マンションのリノベで急成長

若年層向けマンション改修でのし上がる風雲児

現在は国内に9拠点を構える。今後は台湾など海外進出も

山下社長はリノベーションの普及に向け、今後もリノベるの事業拡大に全力を注ぐ。

まず全国展開を加速する。現在は東京、大阪、名古屋、福岡など全国7カ所に直営のショールームを設置しているが、今期中に横浜と大宮にも出店する計画だ。フランチャイズ形式のショールームも増やす方針で、現在の群馬と熊本の2カ所のほか、今期中に5カ所程度の新しい拠点設置を目指す。さらに海外展開も模索。早ければ今年の秋にも、台湾・台北に進出する可能性がある。ベトナムのホーチミンやオーストラリアのゴールドコーストへの進出も見据える。

いずれは株式市場への上場も狙っている。「上場の準備に入っていることは事実。そんなに遠くない先を予定している。すでに証券会社を決めて監査も入っている。当社はITに強みを持ち、新興市場が適切だと思う」と、山下社長は明かす。

社員も来年3月までに90名に増やす計画だ。ただ、この社員の採用・教育こそ、今後の最大の課題になってくるだろう。というのも昨年7月、事業繁忙に伴って、あいまいな基準で採用を決めた社員が、顧客とのトラブルを招いただけでなく、他のスタッフを10人ほど連れて辞めてしまったからだ。この時の反省から、現在は「リノベる。バリュー」と称する統一の採用基準や教育方針を決め、社員の間で共有化を図る。

創業期から成長期へと突入したリノベる。課題を乗り越えて、さらに大きな企業に変貌することができるか。不動産業界での革新的なビジネスモデルとして、ますます注目が高まっている。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT