5月の中国「商用車販売」1年ぶりに減少の裏事情

新排ガス規制導入前の駆け込み需要が終了

5月は大型トラックを中心とした商用車販売が減少した(写真はイメージ)

中国汽車工業協会は6月11日、2021年5月の中国国内の自動車販売台数が前年同月比3.1%減の212万8000台だったと発表した。月次の販売台数が前年同月を下回ったのは、2021年に入ってから初めてのことだ。

その主因は大型トラックを中心とした商用車販売の大幅減少だ。同協会のデータによると、5月の商用車の販売台数は前年同月比で7.4%減った。商用車の販売台数の前年同月割れは、2020年4月以降で初めて。ここに至るまで、商用車市場は1年近く右肩上がりで成長し、月次の販売台数は過去最高を幾度となく更新していた。

同協会の副秘書長を務める陳士華氏は、商用車販売がこの1年近く爆発的に伸びたのは、新たな排ガス規制の導入を控えて、需要の先食いが起きた結果だと説明した。中国では2021年7月1日以降、国内市場向けに生産、輸入、販売、登録されるすべての大型ディーゼルエンジン車に対して、欧州の現行の排ガス規制である「ユーロ6」よりも厳しい「国6」と呼ばれる新基準をクリアすることが義務付けられる。

半導体供給不足も影響

陳副秘書長によると、「国6」をクリアできる大型トラックの価格は従来基準の「国5」に比べて、1台あたり2万元(約34万円)以上高くなる。そのため多数のユーザーが、7月1日が来る前に「国5」の大型トラックを駆け込み購入したのだ。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、5月は乗用車の販売台数も前年同月比で1.7%減少した。商用車とは異なり、原因は業界を半年余りにわたり苦しめている半導体の供給不足だ。陳副秘書長は、「半導体を巡る問題は、いまだに深刻な状況で、大多数の自動車メーカーが減産せざるをえない状況だ」と語った。

とはいえ同協会は、2021年の通年の販売に関しては、先行きを楽観視している。陳副秘書長は「半導体の供給不足は2021年7~9月期にはある程度好転し、10~12月期には大きく改善する」との見解を示した。その前提で、同協会では2021年の通年の自動車販売台数は前年比6.5%増の2700万台に達すると予測している。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は6月11日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT