フマキラーvs.アース 泥沼の戦いに終止符か


 エステーにもメリットはある。フマキラーは海外進出に積極的で、世界80カ国で商品を販売する。10年3月期の海外売上比率は2割ながら、前期比26・7%の勢いで伸びている。特にインドネシアでは、複数の地場の卸売業者と組んで販売網を構築。その独自の手法は、圧倒的な国内シェアを持ちながら、海外展開では後れを取るアースにとっても同様に魅力的だ。

今後、国内の殺虫剤市場で大きな成長は期待できない。そのうえ、市場シェアをアースが5割、大日本除虫菊が2割、フマキラーが1・5割と3社で分け合う寡占状態。似通った製品に大量の広告費を投入する過当競争に陥っている。アースはフマキラーとの統合で、スケールメリットとコスト競争力を手に入れたいのが本音だろう。

アース幹部は「泥仕合になるので株は買い増さない」とするも、「将来的に外資参入など業界再編が起きれば買い増すかもしれない。長期的な視野で考えている」との姿勢。エステーが登場してもなお、両社の関係は波乱含みだ。

■フマキラーの業績予想、会社概要はこちら

■アース製薬の業績予想、会社概要はこちら

■エステーの業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT