フマキラーvs.アース 泥沼の戦いに終止符か


 エステーにもメリットはある。フマキラーは海外進出に積極的で、世界80カ国で商品を販売する。10年3月期の海外売上比率は2割ながら、前期比26・7%の勢いで伸びている。特にインドネシアでは、複数の地場の卸売業者と組んで販売網を構築。その独自の手法は、圧倒的な国内シェアを持ちながら、海外展開では後れを取るアースにとっても同様に魅力的だ。

今後、国内の殺虫剤市場で大きな成長は期待できない。そのうえ、市場シェアをアースが5割、大日本除虫菊が2割、フマキラーが1・5割と3社で分け合う寡占状態。似通った製品に大量の広告費を投入する過当競争に陥っている。アースはフマキラーとの統合で、スケールメリットとコスト競争力を手に入れたいのが本音だろう。

アース幹部は「泥仕合になるので株は買い増さない」とするも、「将来的に外資参入など業界再編が起きれば買い増すかもしれない。長期的な視野で考えている」との姿勢。エステーが登場してもなお、両社の関係は波乱含みだ。

■フマキラーの業績予想、会社概要はこちら

■アース製薬の業績予想、会社概要はこちら

■エステーの業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT