「時代遅れキャラ」ゴリエが今CMに起用されるワケ 再び「ピコ太郎」も露出が増加

印刷
A
A
人気が爆発したのは数年前でも、今SNSを中心に話題になっているのは……(写真:週刊女性PRIME)

「最近のCM見てるとピコ太郎にゴリエって今本当に令和だったか不安になる」

「テレビ観てたら「ゴリエのエアコンクリーニングのCM」「ピコ太郎の袋ラーメンのCM」と連続して流れました。急にタイムスリップした感覚」

「ゴリエといい、ピコ太郎といい、懐かしくて盛り上がっちゃうよね」

ここ最近、散見されるこのようなツイート。いったい何を指しているのかというと……。

エアコンクリーニングや引っ越しなどのサービスを提供する『くらしのマーケット』は、ガレッジセールのゴリさんが演じる『松浦ゴリエ』を、日清食品の『ラ王』は『ピコ太郎』さんをCMで起用。どちらのキャラクターも、脚光を浴び人気が爆発したのは数年前で“今”ではないキャラクターですが、逆にそのことがSNSを中心に話題になっています。時代と“ズレ”のあるCM起用が増えている印象ですね」(広告代理店関係者)

ゴリのキャラクター『ゴリエ』は、ガレッジセールが出演していたバラエティー番組『ワンナイR&R』(フジテレビ系)で生まれたキャラクター。『ワンナイ』の最終回は'06年なので15年以上前の人気キャラといえる。

また、ピコ太郎が『PPAP』で世界的にバズったのは'16年だ。なぜ時代遅れとも言える“ズレ”のあるキャラクターをCMで起用するのか。それぞれの企業に起用の理由を聞いた。

ガレッジセールも起用に驚き

まずは、ゴリエを起用した『くらしのマーケット』。メイキング映像によると、当事者であるガレッジセールの2人ですら、「ドッキリかと思った」と話している

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

確かに15年も前に終わった番組のキャラクターにオファーが入ったのだ。お笑い芸人の立場からすれば、いつドアの向こうから「すみません、『水曜日のダウンタウン』です」「何の“説”かわかりますか?」と、ドッキリの番組スタッフが入ってくるのかと待ち構えてしまうようなシチュエーションではある。

次ページCMターゲットは…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT