増田ユリヤがYouTubeで鋭いツッコミ入れる理由

オタクモード全開で語る池上彰がタジタジに

「わからない」とツッコミを受ける池上彰さん(写真:「池上彰と増田ユリヤのYouTube学園」よりキャプチャ)
コロナ禍をきっかけに教育系のYouTubeチャンネルを開設したジャーナリストの池上彰さんと増田ユリヤさん。テレビや出版とは異なる情報発信をしてわかったこととは――。『メディアをつくる!YouTubeやって考えた炎上騒動とネット時代の伝え方』より一部抜粋・再構成してお届けします。

編集をめぐってダメ出しの嵐

増田:YouTube学園を始めたばかりの頃、制作スタッフは池上さんにずいぶん遠慮していましたよね⁉ スタッフは池上さんを遠くから眺めていましたから。出来上がった動画が、池上さんが出演する情報番組のような仕上がりになっていました。

池上:それはそれで、きちんと編集されていて完成度は高い。けれども、これでは何かが違う。どうしたらテレビとは違う「YouTubeらしさ」が出せるんだろうと考えていたんだ。ただ、その違和感の正体がわからなかった。

増田:その正体が明らかになったのが「池上彰のオタクな話」というシリーズの「GPSの仕組みをわかりやすく解説!プライバシーの侵害から身を守るために」でした。実はこの動画、編集をめぐってダメ出しの嵐になってしまったんですよね。

GPSの仕組みをわかりやすく解説!プライバシーの侵害から身を守るために(動画:池上彰と増田ユリヤのYouTube学園より)

池上:このシリーズは、オレが常日頃から興味関心を持っているけれど、テレビでは絶対に扱わないような「ディープな話」を、オタクモード全開にして語るというもの。「GPS」の回は米露の軍事衛星の精度について取り上げた。

ロシアのクレムリンにいるプーチン大統領が、GPSのかく乱によってミサイル攻撃やドローン攻撃を免れる対策を取っているという情報があって、ピンときたんだよね。われわれがふだん利用しているGPSは、もともと軍事目的で作られたものだった、というところから説明したら面白いんじゃないかって。

そう考えたら、もう説明したくてウズウズしてきちゃって(笑)、提案したんだ。ところが、軍事衛星の電波をかく乱させる仕組みについて、いくら説明しても、増田さんが全然納得してくれない。何度も「わかりません」と言われてしまって、もうオレの方はタジタジで冷や汗かきまくり(苦笑)。

次ページ冷や汗をかいて必死な池上彰
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT