「赤」のJRに「青」の京成が挑む、成田アクセス特急で再バトル

「赤」のJRに「青」の京成が挑む、成田アクセス特急で再バトル

「不便な空港」と言われてきた成田空港への所要時間が、一気に短縮される。

京成電鉄は7月17日、都心と成田空港間を結ぶ高速鉄道「成田スカイアクセス」を開業する。在来線では国内最高となる時速160キロで走る「新型スカイライナー」を投入し、日暮里-成田空港間の所要時間は15分短縮され36分となる。

現在、成田空港への特急は京成のスカイライナーとJR東日本の成田エクスプレス(NEX)が競っている。両者の所要時間はほぼ同じだが、料金はスカイライナーのほうが安い。

しかしNEXはJR東京駅をはじめ、品川、渋谷、横浜など主要駅から発着する利便性を生かし、利用者数で優位に立つ。

そこで新型スカイライナーは、所要時間の短縮で巻き返しを図る。ファッションデザイナーの山本寛斎氏が車両デザインを手掛け、イメージも一新した。

一方のJRも昨秋、新型NEXを投入。「時間ではかなわないので、車内空間の快適性にこだわった」(JR東日本)。座席の座り心地を改善し、フライト情報を4カ国語表示するディスプレーも設置した。

むろん京成も「開放感と落ち着きのある空間」(広報部)と居住性に自信満々だ。

赤が印象的なNEXに対し、スカイライナーはブルー。赤と青の対決は、どちらに軍配が上がるか。

■京成電鉄の業績予想、会社概要はこちら


(大坂直樹 =週刊東洋経済2010年5月22日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。