松屋、380円の「プレミアム牛めし」発売へ

7月22日午前10時から286店舗で発売を開始

[東京 17日 ロイター] - 牛丼チェーン「松屋」は17日、並で380円の「プレミアム牛めし」を発売すると発表した。22日午前10時から286店舗で発売を開始し、7月末には1都6県を中心に621店舗に導入する。

導入した店舗では、現在販売している290円の「牛めし」の販売は終了する。6月末で松屋店舗は973店舗で、約3分の2の店舗では、380円に切り替わることになる。

「プレミアム牛めし」は、フローズンではなく、チルド牛肉を使用。無添加ダレを開発するなど、品質にこだわっている。

今年4月の消費増税をきっかけに、280円で横並びだった牛丼3社の価格にはばらつきが出ていた。現在、吉野家は300円、すき家は270円となっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT