松屋、380円の「プレミアム牛めし」発売へ

7月22日午前10時から286店舗で発売を開始

[東京 17日 ロイター] - 牛丼チェーン「松屋」は17日、並で380円の「プレミアム牛めし」を発売すると発表した。22日午前10時から286店舗で発売を開始し、7月末には1都6県を中心に621店舗に導入する。

導入した店舗では、現在販売している290円の「牛めし」の販売は終了する。6月末で松屋店舗は973店舗で、約3分の2の店舗では、380円に切り替わることになる。

「プレミアム牛めし」は、フローズンではなく、チルド牛肉を使用。無添加ダレを開発するなど、品質にこだわっている。

今年4月の消費増税をきっかけに、280円で横並びだった牛丼3社の価格にはばらつきが出ていた。現在、吉野家は300円、すき家は270円となっている。

関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。