コロナ禍で国外投資家に嫌われたNYマンハッタン

外国勢による米不動産投資先で首位シアトルに

ニューヨーク・マンハッタンは、国外投資家による米不動産投資先のランキングで首位の座を失った。新型コロナウイルス禍で投資資金がオフィスから産業用不動産に移ったことが背景。

リアル・キャピタル・アナリティクスによると、米国外からのマンハッタン不動産への投資は、3月までの1年間で79%減の約20億ドル(約2180億円)。一方、米国の倉庫や物流施設に対する外国からの投資は39%増の106億ドルとなった。外国勢の総投資額は33%減の352億ドル。

リアル・キャピタルのシニアバイスプレジデント、ジム・コステロ氏はインタビューで、「マンハッタンはオフィス市場の状況に応じて浮き沈みする」と指摘した。

代わりに首位に浮上したのはシアトルで、外国からの不動産投資は11%減の25億ドル。巨大IT企業のアマゾン・ドット・コムとマイクロソフトが本拠を構えるシアトルには、米不動産の最大の投資元であるカナダから引き続き資金が集まった。

原題:Manhattan Loses Top Spot Among Foreign Real Estate Investors(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:John Gittelsohn

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT