コロナ禍で国外投資家に嫌われたNYマンハッタン

外国勢による米不動産投資先で首位シアトルに

ニューヨーク・マンハッタンは、国外投資家による米不動産投資先のランキングで首位の座を失った。新型コロナウイルス禍で投資資金がオフィスから産業用不動産に移ったことが背景。

リアル・キャピタル・アナリティクスによると、米国外からのマンハッタン不動産への投資は、3月までの1年間で79%減の約20億ドル(約2180億円)。一方、米国の倉庫や物流施設に対する外国からの投資は39%増の106億ドルとなった。外国勢の総投資額は33%減の352億ドル。

リアル・キャピタルのシニアバイスプレジデント、ジム・コステロ氏はインタビューで、「マンハッタンはオフィス市場の状況に応じて浮き沈みする」と指摘した。

代わりに首位に浮上したのはシアトルで、外国からの不動産投資は11%減の25億ドル。巨大IT企業のアマゾン・ドット・コムとマイクロソフトが本拠を構えるシアトルには、米不動産の最大の投資元であるカナダから引き続き資金が集まった。

原題:Manhattan Loses Top Spot Among Foreign Real Estate Investors(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:John Gittelsohn

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT