1台わずか11席!個室で「安眠できる」夜行バス

「ドリームスリーパー東京大阪号」旅のすすめ

運賃は7000円から9000円+座席料金1万1000円である。新幹線の指定席を上回ると言えば高く感じるが、かつて東京~大阪間を結んでいた急行「銀河」の運賃+急行料金+寝台料金(B寝台利用1万6070円~A寝台下段利用2万270円)とほぼ同じ価格帯だ。開放型寝台の「銀河」と違い、個室なのだから、妥当な金額と言えよう。

ちなみに、まったく同じ車両を使って大崎・水道橋~福山・広島を結ぶ「ドリームスリーパー」を中国バスが運行している。また、入り口を扉ではなくカーテンで仕切った個室12席の車両によって、東京・新宿~徳島・阿南を結ぶ「マイ・フローラ号」を海部観光が運行している。

さらに、車内の一部に特別料金の個室タイプシートを設けた夜行バスとして、ジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスが東京・新宿~京都・大阪間に共同運行する「ドリームルリエ」と、西日本鉄道が新宿~北九州・福岡間に運行する「はかた号」がある。

土足禁止の最高級バスに乗る

私は2人乗務の運転士に、左側最後部A6席のWEB乗車券を提示した。「エンジンの音が気になるかもしれませんし、窓にこのバスのロゴが入っていて景色が見づらいかもしれません。今日は空いていますので、前のほうに移られませんか?」と気を遣ってくれたが、大丈夫と謝意だけ伝えた。

バス内廊下

毛足の長いカーペットが敷かれた車内は土足禁止である。扉のステップで靴を脱ぎ、用意されたスリッパに履き替える。乗客定員はわずか11人。進行方向に向かって左側に6つ、右側に5つの個室が配置されている。右側中央部の階下に洗浄機能つきのトイレ、最後部中央にはパウダールームが装備されている。

22時50分に静々と発車する。「ご挨拶を兼ねて、おしぼりとミネラルウォーターをお持ちいたします」という案内放送が入る。個室の扉をノックする運転士。ひざをついてそれらを手渡し、装備品の取り扱いや注意事項を伝えたあと、「わからないことはなんなりとおっしゃってください」とつけ加えた。

個室にはあらかじめ歯磨きセット、アイマスク、マスク、耳栓といったアメニティーグッズも用意されていた。

次ページ至れり尽くせりの“安眠サポート”
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT