アップル最新iPad Pro部品供給遅れで納期先送り

今四半期の売上高が最大40億ドル失われる恐れ

アップルは、タブレット端末「iPad(アイパッド)プロ」の新しい最上位機種について引き続きサプライチェーンの制約に見舞われている。既に1カ月半遅れている納期がさらに遅れる恐れがある。

公式な販売開始は約1週間後だが、購入者が入手できるのは7月の後半になる可能性がある。予約注文の納期は既に、6月下旬や7月上旬に先送りされている。

iPad Pro最上位機種が発送に遅れ

主な問題は12.9インチ型モデルに搭載される新しいミニLEDスクリーンの製造が技術的に困難なことだ。ブルームバーグ・ニュースは4月に、次世代ディスプレーの生産上の問題について報じていた。ディスプレー納入業者は依然として、生産量拡大に苦戦していると事情に詳しい関係者が述べた。

最新のiPad Pro

アップルのオンラインストアによれば、より標準的なスクリーンを搭載する11インチ型のアイパッドプロは5月下旬から6月上旬にかけて購入者に届けられる。同社の広報担当者はコメントを控えた。

アップル幹部は1-3月(第2四半期)決算発表時に、高い需要と半導体不足によって今四半期の売上高が最大40億ドル(約4370億円)失われる恐れがあると述べていた。

原題:Apple Is Said to Face Continued Delays in Delivering iPad Pros(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Debby Wu、Mark Gurman

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT