米雇用統計が予想以下で年初来のドル高に転機

ドルは2018年2月以来の安値に向かうリスク増

ドルが今年初めの水準に戻った。

7日発表された4月の米雇用統計が市場予想より悪い内容となり、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は低下。今年に入ってからの上昇基調からは確実な変調が見られ、年初来でほぼ横ばいとなった。同日は単日として5カ月ぶりの大幅な下げとなり、ドルは今や2018年2月以来の安値に向かうリスクがある。

今年初めのドルの一時的な上昇は、米国債利回り低下や米国以外の国・地域の経済に対するセンチメント改善、米金融当局のハト派的な姿勢によって消失しており、今回の雇用統計がドルに追い打ちをかけた。ドル指数は昨年3月に付けた最高値からは約14%下落。JPモルガン・アセット・マネジメントなどは世界経済の回復につれドルがさらに値下がりすると予想する。

ウニクレディトのストラテジスト、ロベルト・ミアリッチ氏は7日付のリポートで「世界の経済情勢やリスク許容度がさらに改善する限り、ドルは安全な逃避先としての魅力が薄れ、一段と下げると予想される」と指摘した。

原題:Dollar Back to Where It Began the Year as Rally Burns Out(抜粋)

著者:Ruth Carson

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT