米雇用統計が予想以下で年初来のドル高に転機

ドルは2018年2月以来の安値に向かうリスク増

ドルが今年初めの水準に戻った。

7日発表された4月の米雇用統計が市場予想より悪い内容となり、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は低下。今年に入ってからの上昇基調からは確実な変調が見られ、年初来でほぼ横ばいとなった。同日は単日として5カ月ぶりの大幅な下げとなり、ドルは今や2018年2月以来の安値に向かうリスクがある。

今年初めのドルの一時的な上昇は、米国債利回り低下や米国以外の国・地域の経済に対するセンチメント改善、米金融当局のハト派的な姿勢によって消失しており、今回の雇用統計がドルに追い打ちをかけた。ドル指数は昨年3月に付けた最高値からは約14%下落。JPモルガン・アセット・マネジメントなどは世界経済の回復につれドルがさらに値下がりすると予想する。

ウニクレディトのストラテジスト、ロベルト・ミアリッチ氏は7日付のリポートで「世界の経済情勢やリスク許容度がさらに改善する限り、ドルは安全な逃避先としての魅力が薄れ、一段と下げると予想される」と指摘した。

原題:Dollar Back to Where It Began the Year as Rally Burns Out(抜粋)

著者:Ruth Carson

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT