「ウェスティン・シンガポール」の堅実なる秘策

12年越しに再進出した高級ホテルの戦略とは?

ラン・ウェスティンとレンディング・ギア・プロジェクト

平日にも関わらず総勢100名以上のランナーが集まった「ラン・ウエスティン」

さて、ウェスティンといえば、ゲストに対するサービスを「6つのウェルネス(旅先のウェルネス)」という形で掲げている。

<ウエスティンの6つのウェルネス>
① Move Well(軽快なエクササイズ)
② Sleep Well(心地よい眠り)
③ Eat Well(健康的な食事)
④ Play Well(楽しいアクティビティ)
⑤ Work Well(能率的な仕事)
⑥ Feel Well(素晴らしい気分)

中でも力を入れているのが、Move well(軽快なエクササイズ)。通常、高級ホテルでの運動と言えば、プールまたはマシーンやヨガスペースなどを備えたジムが標準装備になりつつあるが、ウェスティンが新たに提案しているものに「ラン・ウェスティン」がある。

その名の通り、ランニングをサポートするサービスで、例えば、ランニングマップを配布し、全く土地勘のない場所に滞在しているゲストが、安心してジョギングできるよう配慮したり、特定の日時には、ホテルのランニング・コンシェルジュと一緒にゲストがホテル周辺を走る、というものだ。

また、それに付随し、旅先でスニーカーを持参していないゲストを想定し、「レンディング・ギア・プロジェクト」を立ち上げた。これは、スポーツメーカーのニューバランス社とのコラボレーションで、滞在するゲストにランニングシューズやウエアなどのレンタルをするというものだ。急な出張などで、仮にスニーカーやウエアを忘れても、リーズナブルな価格でランニングシューズなどを借りることができる、というシステムになっている。

そして、ウェスティン・シンガポールでは、その「ラン・ウェスティン」と「レンディング・ギア・プロジェクト」の両方を体験するイベントとして、ランニンングイベントを行った。

このイベントは、ホテルをスタートとゴール地点とし、ベイ・エリアを回って帰ってくるという全長3kmのコースだ。大会当日は、現地のプロや100人を超えるローカルランナーが参加する、大盛況のイベントとなった。

また、このイベントにあわせて、20人のゲストがランニングシューズをレンタルすると、1足の新品のランニングシューズが途上国の子供たちに贈られるという、チャリティ企画も行われた。

(左) マリーナ・ベイエリアというロケーションを活かしたランニングコースを、100名を超えるランナーが駆け抜けた
(右) イベントでは率先してグループをリードするポピネリ氏

12年という長い年月をかけ、こだわりぬいたロケーションとパートナーを得たシンガポールウェスティンの歩みは、まだ始まったばかりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。