ウォール街の見方も割れる「ドル相場」の行方

成長重視派はドル安、金利着目派はドル高予想

ドルの通貨トレードは年初最も人気を集めたが、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)の影響から世界経済が回復に向かう中で、ドル相場の行方について、ウォール街の金融機関の見方が分かれた。

JPモルガン・アセット・マネジメントとティー・ロウ・プライスは、米経済の例外的な優位が弱まることで、ドルが下落すると予想する。ユーロからブラジル・レアルに至るまで、今年1-3月(第1四半期)に劣勢だった通貨が今月に入り上値を試し、ドルは警戒を要するテクニカルな分岐点に差し掛かりつつある。

フィデリティ・インターナショナルのマルチアセット・ファンドマネジャー、イアン・サムソン氏(香港在勤)は「特異な米金利のアウトパフォーマンスのストーリーが、グローバル経済の循環的な回復と割高なドルのバリュエーションで弱まりつつある。かなりの横風が吹きつけ、幾つかの異なる方向にドルを向かわせようとしている」と指摘した。同氏はドルを対ユーロではロングにしている。

一方、パインブリッジ・インベストメンツはドル高を見込む。同社のポートフォリオマネジャー、オマー・スリム氏(シンガポール在勤)によれば、「インフレがある程度戻れば、米国債利回りはさらに上昇する可能性」がある。同氏は他の国・地域の国債に対する米国債のプレミアム(上乗せ利回り)がドルを支え、「今年は上昇バイアスを維持する」との見解を示した。

原題:Dollar Consensus

Splinters as Investors Clash on U.S. Recovery(抜粋)

著者:Ruth Carson、Livia Yap

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT