「TikTok」運営バイトダンス・今年目標は超強気

広告収入は42%増の約4兆3300億円を目指す

中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)は今年、中国の広告収入を42%増やし、電子商取引の規模を約3倍にすることを目指している。社内文書で明らかになった。同社は一部中国事業の新規株式公開(IPO)に向け準備を進めている。

ブルームバーグ・ニュースが確認した社内文書によると、同社はティックトック中国版の「抖音(ドウイン)」やニュースアプリ「今日頭条」など中国を拠点とする事業について、今年の広告収入を2600億元(約4兆3300億円)と、2020年の1830億元から増やすことを目標に定めている。この目標にティックトックは含まれない。

電子商取引の総取扱高は3.5倍の6000億元目標

また、電子商取引の総取扱高(GMV)を最大6000億元と、昨年の1700億元から拡大することも狙う。抖音については、1日当たりのアクティブユーザー数6億8000万人を目標としている。3月は約6億1000万-6億2000万人だった。これらの目標は暫定的で、なお変更される可能性があると、社内目標であることを理由に事情に詳しい関係者1人が匿名を条件に明らかにした。

バイトダンスの広報担当者に電子メールでコメントを求めたが、これまでに返答はない。

原題:Leaked ByteDance Memo Shows Blockbuster Revenue Projections(抜粋)

著者:Zheping Huang

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT