EVメーカー・テスラの次の標的はエネルギー市場

2025年までにエネルギー部門の売上80億ドルに

電気自動車(EV)メーカーとして著名な米テスラがエネルギー生成・貯蔵分野を重点的に強化し、新たなドル箱市場に「攻め込み征服する」構えだと、カナコード・ジェニュイティが指摘した。

カナコードのアナリスト、ジェド・ドルスハイマー氏はテスラの投資判断を「ホールド」から「買い」に変更したほか、目標株価をウォール街で最も高い部類に入る1071ドルに従来目標の419ドルから引き上げた。これは、テスラ株に60%近い上昇余地があることを示唆する。

同氏はテスラのエネルギー生成・貯蔵部門の売上高が2025年までに80億ドル(約8750億円)に達する可能性を指摘。12日の顧客向けリポートで同社について、「エネルギー貯蔵における一大ブランドとなる方向で、電化と調和するエネルギー製品でアップルのようなエコシステムを急速に作り出しつつある」との見方を示した。

テスラは電池の自社生産必要、EV向け需要満たすため-CEOが示唆

テスラ株は同日、3.7%高の701.98ドルで取引を終えた。

原題:Tesla to Conquer Trillion-Dollar Energy Market, Canaccord Says(抜粋)

著者:Joe Easton、Jan-Patrick Barnert

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT