1800万円級EV「e-tron GT」に見るAUDIの未来像

高級EVが「サステイナブル」を掲げる必要性

日本初公開の「e-tron GT」とアウディ ジャパン代表のフィリップ・ノアック氏(写真:アウディ ジャパン)

アウディ ジャパンは2021年4月6日、2月9日にワールドプレミアされた「e-tron GT(イートロンジーティー)をオンラインで日本初公開した。

2020年秋に日本導入されたアウディ初の次世代EV 「e-tron Sportsback」は好評を博し、「2020年日本カー・オブ・ザ・イヤー」のテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことも記憶に新しい。

その新たなラインナップとして発表されたのが、「e-tron GT quattro」とその高性能バージョンの「RS e-tron GT」である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

両モデルは、アウディがエモーショナルと称するデザインとパワフルな駆動システム、ダイナミックなハンドリングを兼ね備えた電動4ドアグランツーリスモ(GT)で、サステイナブルな未来に向けたアウディの新たなブランドアイコンとなるモデルだ。

フォーミュラEやル・マン24時間レースといったモータースポーツシーンでの活躍から得た知見をフィードバックし「バランスの取れた卓越したパフォーマンスを実現した」という。ライバルはズバリ、ポルシェ「タイカン」だ。

ペットボトルや魚網のリサイクル素材を使用

このe-tron GTで特筆すべきは、内装にサステイナブルな素材を使用する「レザーフリーパッケージ」が採用されたことだ。

アウディは、電動モビリティに向かう道のりにはサステイナビリティが必要不可欠と考え、フロアマットには再生ペットボトル、シートには漁網、シートカバーにはファブリック端材などのリサイクル素材を使用。e-tron GTの内装をハイテクなルックスとオーガニックなナチュラルさが共存する、新時代のプレミアムを感じさせる空間とした。

独特な素材感のある「e-tron GT」のインテリア(写真:Audi)

また、五感に訴える品質と先進的なエレガンスを融合したというインテリアデザインが、このクルマの進歩的なキャラクターを強調。運転席は低くスポーティなポジションに設定され、幅広いセンターコンソールで左右席を区切ることにより、パーソナルな雰囲気としている。

リアシートは、2900mmというロングなホイールベースの恩恵もあり、大人2人が十分に寛げるスペースが確保された。ラゲッジは、そのボディ形状からあまり広くなさそうに見えるが、405リッター(RSは350リッター)と十分な容量が備えられる。

次ページ全長5m×全幅2mの大柄ボディはCd 値わずか 0.24
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT