米GMシルバラードで電動ピックアップ市場に参入

目標は2035年までに全ての製品をEVに

米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、「シボレー・シルバラード」の電動モデルをデトロイト・ハムトラックの拠点で生産すると発表した。電動ピックアップトラック市場に参入する。

マーク・ロイス社長は、現在「ファクトリー・ゼロ」と呼ばれるハムトラックの電気自動車(EV)製造施設で、スポーツタイプ多目的車(SUV)「GMCハマー」やピックアップトラックのシルバラードを生産すると明らかにした。

「GMCハマー」EV

同工場ではGM製バッテリー「アルティウム」を搭載したトラックやSUVなどを組み立てる予定で、電動シルバラードも計画に含まれていた。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は販売する製品を2035年までに全てEVにする目標を掲げており、アルティウムは今後、他の車種にも使用される。

GMによると、シルバラードのEVは1回の充電で走行できる距離が最低400マイル(約644キロメートル)。

同社の株価は1.5%高の61.94ドルで終了し、終値ベースの過去最高値を付けた。一時は63.44ドルまで値上がりし、取引時間中の最高値も更新した。

原題:GM Enters EV-Pickup Battle With Silverado at Detroit Plant (2)(抜粋)

著者:David Welch

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT