米GMシルバラードで電動ピックアップ市場に参入

目標は2035年までに全ての製品をEVに

米ゼネラル・モーターズ(GM)は6日、「シボレー・シルバラード」の電動モデルをデトロイト・ハムトラックの拠点で生産すると発表した。電動ピックアップトラック市場に参入する。

マーク・ロイス社長は、現在「ファクトリー・ゼロ」と呼ばれるハムトラックの電気自動車(EV)製造施設で、スポーツタイプ多目的車(SUV)「GMCハマー」やピックアップトラックのシルバラードを生産すると明らかにした。

「GMCハマー」EV

同工場ではGM製バッテリー「アルティウム」を搭載したトラックやSUVなどを組み立てる予定で、電動シルバラードも計画に含まれていた。メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は販売する製品を2035年までに全てEVにする目標を掲げており、アルティウムは今後、他の車種にも使用される。

GMによると、シルバラードのEVは1回の充電で走行できる距離が最低400マイル(約644キロメートル)。

同社の株価は1.5%高の61.94ドルで終了し、終値ベースの過去最高値を付けた。一時は63.44ドルまで値上がりし、取引時間中の最高値も更新した。

原題:GM Enters EV-Pickup Battle With Silverado at Detroit Plant (2)(抜粋)

著者:David Welch

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT