ニトリ、自信満々の「島忠統合」に消えない懸念

アパレルに飲食店、多角化の明暗占う試金石

似鳥会長(右)は島忠を「ニトリ方式で生まれ変わらせる」と宣言。写真は2020年11月、島忠の岡野恭明社長(左)とそろって開いた会見時(撮影:尾形文繁)

「これからはまったくの異業種でも、流通業なら積極的にM&Aを含めて考えたい。可能性があるものはどんどんやる」。3月31日に都内で開かれた、国内家具最大手・ニトリホールディングスの決算会見。その席上、似鳥昭雄会長は業容拡大に対する強い意欲をにじませた。

同日発表された2021年2月期決算によれば、ニトリは34期連続となる増収増益を達成。郊外路面店とネット通販で巣ごもり需要をつかみ、キッチン・収納用品、在宅ワーク用家具の売れ行きが好調だった。

島忠統合に「ぜひ期待いただきたい」

今2022年2月期は今年1月に子会社化したホームセンター大手の島忠が加わり、売上高8736億円(前期比21.9%増)、営業利益1439億円(同4.5%増)を計画。既存事業ではコロナ特需の反動減を見込むほか、海外生産商品の輸入に関わる為替決済レートの影響で粗利益率が悪化するが、新規出店や経費抑制でカバーすることを狙う。

会見時間の大部分は、島忠とのシナジー創出に向けた道筋についての説明に割かれた。ニトリは島忠が持つホームセンターのノウハウを取り込み、家具・インテリア雑貨を主軸としてきた商品領域の拡大につなげる。早くも6月には、1階に島忠、2階にニトリの商品を並べた共同店舗を出す予定だ。

仕入れ商品が中心の島忠は、PB(プライベートブランド)が9割超を占めるニトリと比べ粗利益率が20ポイント以上低い。ニトリの生産ノウハウも活用しPB開発を進め、5年間で島忠の経常利益率を12%(前期は6.6%)に高める目標も掲げた。

島忠との統合について「有言実行する。ぜひ期待いただきたい」と意気込む似鳥会長。その成否は、ニトリにとって目先の業績に限らない重要な意味を持つ。似鳥会長が急ぐ異業種参入の試金石にもなるからだ。

次ページ3月には飲食店「ニトリダイニング」が開店
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT