ラクオリア創薬「総会で株主完勝」の画期的事態

会社側提案を否決、質疑も中身あるやりとりに

ラクオリア創薬に株主提案し、勝利した柿沼佑一弁護士(撮影:風間仁一郎)

株主側提案が可決されて、社長を含めた経営陣の刷新を勝ち取る――。

日本のコーポレートガバナンス史上、前代未聞の出来事がジャスダック上場の創薬ベンチャー・ラクオリア創薬の株主総会で起きた。

3月25日、ラクオリアの株主総会が午前10時半から本社がある名古屋市内で開催された。同社の株式を10%超保有する個人投資家で弁護士の柿沼佑一氏による提案が、株主の圧倒的多数による賛成ですべて承認された。

「異変」は株主総会前から始まっていた

新しい取締役には、現在も取締役副社長である渡邉修造氏、社外取締役の土屋裕弘氏、柿沼氏が推した武内博文氏(新任)の3人が選ばれた。監査等委員の社外取締役は株主提案どおりの顔ぶれで、柿沼氏と公認会計士の石井幸佑氏、中外製薬で研究開発業務などを歴任した宇津恵氏の3人が、現任の3人とそっくり交代する形で承認された。

渡邉、土屋両氏は会社側が提案した取締役候補でもあったが、会社側提案は否決され、株主提案の候補として取締役に選ばれた格好だ。

「異変」はすでに株主総会前から始まっていた。

会社は総会開始のわずか1時間前に突然、「総会付議議案の一部撤回」を発表した。まず、会社側は取締役候補として前述の渡邊、土屋両氏を含む4人の選任を求めていたが、渡邉、土屋両氏以外の2人を候補から取り下げた。

さらに、2号議案で提案していた補欠の監査等委員1人の選任も取り下げた。

次ページ議案の一部撤回というドタバタ劇
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT