婚活市場で女性の気持ちをグッと掴む「会話術」

ただやみくもにLINEを送ればいいわけではない

お見合い繰り返しているのに、いっこうに結果が出せない男性たち。その原因は何なのでしょうか(写真:sunabesyou/PIXTA)
婚活での結婚は、自身で期限を決め、その中でスケジューリングをし、短期集中型でやっていくほどに結果が出せることは、拙著『100日で結婚』に記した。
「そんな短期間で?」と驚かれるかもしれないが、婚活での出会い、ことに結婚相談所でのお見合いの場合は、会う前にすでにプロフィールが提示されていて、年齢、仕事、年収、学歴、家族構成、趣味などがおおむねわかっている。あとすり合わせていくのは、相手を結婚するパートナーとして見ることができるかどうかなのだ。
しかし、お見合い繰り返しているのに、いっこうに結果が出せない男性たちがいる。交際には入ったのに、数回会うと女性からお断りがきてしまう。今回は、その原因が何なのかを、本の一部を抜粋しながら掘り下げていく。

女性の気持ちが、今どこにあるのかが大事

婚活歴1年になる義晴(仮名、45歳)が、先日お見合いをして、弓枝(仮名、39歳)と交際に入った。その1週間後に、「連絡は取り合っていますか?」と私からLINEをしたところ、こんな返信が来た。

「僕が3回LINEを入れると、やっと1、2行の返信が来る。コロナにもすごく敏感のようなんです。なんとか会う約束を取りつけるところまでは持っていこうと思っているのですが」

この連載の一覧はこちら

交際に入り、まだ一度も会っていないが、もうこの時点で2人の結婚はないだろうと、私は踏んだ。

なぜかと言えば、相手からの返事がこなくても、どんどんLINEを送っている義晴。また、来たLINEに1、2行しか返信をしない弓枝。これでは、両者のコミュニケーションバランスが悪すぎて、気持ちを合わせていく結婚には到達しない。

私は会員たちにいつも、「婚活において、LINEは連絡ツールではなくコミュニケーションツールなのですよ」と言っている。「LINEは毎日入れるように心がけてくださいね。最低でも1週間に1回はデートができるように、どんなに仕事が忙しくても会う時間を作り出す努力をしてくださいね」とも。

生活圏内の出会いは、お互いを好きになった時点で交際がスタートする。しかし、婚活の場合は、1時間程度のお見合いをし、そこで“感じのいい人”と思ったら交際希望を出す。まだ人柄も十分にわかっていないのに、2人は“結婚”に向かって歩き出すのだ。そんな2人が結婚にたどり着くためには、密なコミュニケーションを取って、相手のことを急速に知り、好きにならなければならない。

次ページやみくもに連絡を取ればいいわけではない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT