常に受け身な「ロボット社員」変えた意外な一言

覚えておきたい「指示待ち人間」の動かし方

それには「なぜ、能動的、積極的な動きをしなければならないのか」について自分自身が納得する動機が必要です。

もっとも強い動機というのは「それが自分のやりたいことだから」に違いありません。私たちが趣味に没頭するのは、それが自分の好きなこと、やりたいことだからです。

なぜ「ロボット社員のCさん」は変われたのか?

人は「やりたいこと」をやる時がもっともモチベーションが高まります。この特性を部下や新人の育成に利用しない手はありません。

ある通信会社でMA(マーケティング・オートメーション)の部門の業績を急伸させたCさんも、新人時代は、配属された技術部門の上司から「言われたことしかしないロボット社員」と目されていました。

上司の目には、Cさんは地頭はいいけれど、自らは動こうとしない受け身な部下に映っていたので、半期の評価面談の際に「Cさん、ホントは何がやりたくてこの会社に入ったの?」と聞いてみたのです。

正直、きっと「特にありません」と返答するんだろうな、と思いつつ聞いたのですが、予想もしない言葉が返ってきました。「MA(マーケティング・オートメーション)やDX(デジタル・トランスフォーメーション)がやりたくてこの会社に入りました」と言うではありませんか。

正直、驚きました。そんな最先端の分野に興味を持っていたとは。ちょうど、Cさんの会社の営業部門にも顧客からMAやDXに関する相談が増えてきており、対応する技術部門でも専門部隊を設立する動きがありました。

そのことをCさんに話すと、表情がパッと明るくなり、その専門部隊でぜひ仕事がしたいと言うのです。

上司にとっては同じ部門ですし、今後成長する分野でしたので「渡りに船」ということで、Cさんをその部隊に入れてみたのです。すると、どうでしょう。以前とは全くの別人で、すでに情報を収集し勉強していた各国の先進事例を紹介する勉強会を主催し始めたのです。各社のセミナーに片っ端から参加し知見を蓄積していたため、顧客のお困りごとや課題のヒントになる話ができる技術者ということで、営業から重宝されるようになっていきました。

『自分で考えて動く部下が育つすごい質問30』(青春出版社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

そもそもがマニアですから、やたらと詳しく、お客様が知りたいことに的確に回答できるのです。

Cさんにとっては、お客様の前で自分の知っていることを話し、役に立ちそうな提案をするだけで、「ありがとう」と感謝され、自社の営業からも「ありがとう」という言葉をかけてもらえるため、自己効力感が満たされ、充実した日々が送れるようになりました。

さて、ここでは「働く動機」に着火させた事例を紹介しましたが、これは「頑張る動機」に置き換えてもかまいません。

私たち人間は、働く動機や理由、頑張る動機や理由が自分の中で明確になったとき、まるでスイッチが入ったように能動的にもなれるし、頑張れるようにできています。

ぜひ、この特性を部下や後輩の育成にも活かして欲しいと思います。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT