世界初「自動運転レベル3」に見るホンダの本音

新型「レジェンド」は100台だけの限定販売に

ホンダ センシング エリートを搭載する「Hybrid EX・Honda SENSING Elite」には、当該システムのほかにもいくつかの専用装備が与えられた。

外観ではブルーアクセサリーランプと専用アルミホイールを採用。数多くのセンサー類を目立たないように内蔵し、自動運行装置搭載車であることをさりげなく主張しているという。

ブルーのLEDアクセサリーランプが外観上の特徴(写真:本田技研工業)

インテリアでは、配置/大きさ/色/明るさなどにこだわったHonda SENSING Elite表示灯と12.3インチ フル液晶グラフィックメーターを採用し、システムの作動状態、走行状況、操作要求がドライバーへ直感的に伝えてくれる。

ボディカラーは6色、内装色は3色から選択可能となっており、このあたりはフラッグシップらしいラインナップだといえるだろう。

実験要素の強い100台のみのリース販売

新型レジェンド Hybrid EX・Honda SENSING Eliteの価格は、1100万円(税込み)。これは、ホンダ センシング エリート非装備モデルより375万円高となる。世界初の自動運転レベル3として高いか安いかが、評価のわかれ目となるだろう。

ただ、気になるのは、販売台数が限定100台のみで、そのすべてがリース販売という点だ。この点について、新型レジェンド開発責任者の青木仁氏は次のように説明する。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「まずは100台限定でのリース販売という形式をとることで、一人ひとりのユーザーに丁寧なアフターサービスを行い、クルマを利用する中できちんとしたメンテナンスを行っていくことを重要視しています」

言葉遣いは丁寧だが、テスト販売の要素が強いことが伺える。100台のユーザーの使用状況や反響を見て、今後の展開へとつなげていくのだろう。

とはいえ、世界初のレベル3自動運転車を発売したことは、ホンダが目指す「事故ゼロ社会」に向けた大きな第一歩であり、完全自動運転車の登場に向けた布石となったことは間違いない。

この技術を一般に普及させていくには、コストが大きな壁となることは明らかだが、この10年でレベル2に相当するシステムの搭載が当たり前となったように、レベル3が身近な存在になっていくのではないか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT