部下をうんざりさせる「朗読会議」上司のムダ

会議の「当たり前」を見直しコスト意識を持つ

リモートワークを実施する企業が再び増えています。ある会社では毎週、部長が資料を読み上げ、最後に「何か質問ある?」と聞くだけの会議を開いているとか……(写真:jessie/PIXTA)
人事コンサルタントとして、1万人以上のビジネスパーソンの昇格面接や管理職研修を行い、300社以上の企業の評価・給与・育成などの人事全般に携わってきた西尾太氏による連載。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

リモートワークのメリットは無駄な会議がなくなった事

今年になってリモートワークを実施する企業が、再び増えています。あるアンケート調査によると、約8割のビジネスパーソンが「リモートワークを実際にやってみたらよかった」と感じているようです。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

そして、リモートワークのメリットとしてトップに挙げられていたのは、
「無駄な会議が減った」「ストレスが軽減した」でした。

ビジネスパーソンにとって、いかに会議がストレスになっているのかが、よくわかる結果ですよね。とはいえ、組織で働く以上、会議は避けることはできません。重要なのは、いかに「無駄な会議」をなくしていくかでしょう。

では、そもそも「無駄な会議」とは、どういう会議なのでしょうか?

ある会社では毎週、部長が前週の報告をただ朗読して、最後に「何か質問ある?」と聞くだけの会議を開いていて、部下はウンザリしているといいます。

これこそが「無駄な会議」の典型といえるでしょう。報告書を読むだけなら、わざわざ人を集める必要はありません。読み上げる意味もなく、時間の無駄でしかありません。

情報を伝えるだけなら、メールで十分です。やる気のある社員なら、必要な情報は必ず読みます。やる気のない社員は、たとえ部長が読み上げたところで聞いていません。

メールすればいいだけの資料を読み上げる。資料をすべて朗読する。残念ながらこうした会議をしている会社は、世の中にたくさん多くあります。

次ページこれからの時代、報告・連絡するだけの会議は意味がない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT