知らないと損「お金リテラシー」鍛える質問6つ

定期預金をネット銀行に変えるといくら得か?

Q4. タンス預金ではなく、毎月3万円を利回り3.1%の複利で積み立てると、40年後にはいくらになるでしょうか?(積み立て元本の累計は1440万円)
❶1499万円
❷1770万円
❸2203万円
❹2845万円

A. ❹2845万円

元本の2倍に!

一般的に、金利には単利と複利があります。

単利は、運用元本を一定のまま運用します。例えば、100万円を3%単利の運用だと、1年後に3万円のリターンを受け取れます(※1)。その後も同じ形が続きます。

一方、複利は1年後に受け取る3万円を再投資して運用に回すため、運用元本は103万円となります。すると、2年目のリターンは3万900円と、わずかながら3万円を上回ります。

ところが、このわずかな差が、長期にわたると大きな差になるのです。単利と複利を比べると、5年後には1万円近くの差がつきます(※2)。

では、毎月3万円を40年間、複利で積み立てるといくらになるでしょう。利回り「0.2%」のときは1499万円。「1%」なら1770万円。「2%」では、2203万円。そして、「3.1%」では、2845万円となります。

利回り3.1%(※3)なら、積み立て元本の約2倍になります。

天才物理学者アインシュタインは、「複利は人類最大の発明」であるという言葉を残したといわれています。タンス預金は減りもしませんが、増えもしません。アインシュタインをして人類最大の発明といわしめた複利効果、使わない手はないのではないでしょうか。

補足説明)
※1 ここでは税金は考慮せず。
※2 利回り3%の単利で5年間運用した場合 1年目100万円×3%=3万円、2年目100万円×3%=3万円、5年後は115万円。
利回り3%の複利で5年運用した場合 1年目100万円×3%=3万円、2年目103万円×3%=3.09万円、5年後は115.93万円。
※3 利回り3.1%はインデックスファンドでの運用を想定。

次ページ空き家になった実家を放置すると?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT