立ち席、有料トイレ…低価格化や新発想の実践なくば生き残れない世界の航空業界



アメリカやアジアの空にも労働争議や格安競争の波

労働争議が起こりそうなのはBAだけではない。アメリカの航空業界でも、経営環境が好転していることから、経営が困難な頃に抑えられた賃金や待遇の改善を求める声が高まっている。
 
 たとえばアメリカン航空は、米連邦政府に賃上げなどを求める仲介を依頼、またコンチネンタル航空のパイロットも待遇改善を求めている。破産したことのあるユナイテッド航空も現在、6500人のパイロットが待遇改善に向けて働きかけている。

アジアの空でも、マレーシアのエア・アジア、シンガポールのタイガー・エアウェイズ、中国の春秋航空、インドのスパイスジェット、アラブ首長国連邦のエア・アラビアなど、次々に格安航空会社が登場している。フラッグキャリアが迷走の末に破綻、新興航空会社もお粗末な運営体制で評判を落とす日本の航空業界。日本の空が海外格安航空会社に席巻される日は遠くないかもしれない。
(Ayako Jacobsson =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT