「仕事がまるで続かない」私が見つけた苦悩の源

永田カビさんが赤裸々に自分を描く真意

今回お話をうかがったするのは、生きづらさを抱えてきた漫画家の永田カビさん。なぜ自身の人生を包み隠さず漫画に描くことができたのか、永田さんが漫画に込めた思いを聞きました(写真:不登校新聞)
生きづらさを抱えてきた漫画家の永田カビさん。「誰かに抱きしめられたい」という思いや、自身の葛藤と体験、家族関係までを赤裸々に描いた漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』は生きづらさを抱える多くの人から共感を得ました。なぜ自身の人生を包み隠さず漫画に描くことができたのか、永田さんが漫画に込めた思いを、不登校経験者の伊藤歩さんが聞きました。

――永田さんはなぜ、ご自身のプライベートを漫画に描こうと思ったのですか?

最初からプライベートを描こうと思っていたわけじゃありません。自分のことを漫画にするまでは何をやってもうまくいかなくて、追いつめられた結果、自分の話を描くことにしたんです。

当記事は不登校新聞の提供記事です

最初は自分のことではなく、物語を描く漫画家になりたくて、漫画雑誌の新人賞に投稿していました。ですが、かすりもしなかったんです。

当時は大学を中退したあとだったので、漫画家としてデビューしたいと思いながらも「何かしら働かなくてはいけない」とは思っていました。それでアルバイトをするんですけど、これもまったくうまくいかなかったんです。最初は楽しく働くことができました。でもしだいに働き続けることがつらくなってきて、遅刻・早退が増えて、結局やめてしまったり、面接にすら行くことができなかったりすることを何度もくり返していました。

また、アルバイトのほかにも、正社員になるために就職活動をしていた時期もあります。というのも、正社員にならないと、一人前の大人として母から認められないと、私は思っていたからです。私は他人からの評価でしか自分を認めることができませんでしたので、とくに母から認めてもらうために、就活を一生懸命がんばりました。だけど、自分のやりたいこともわからないまま面接に挑んでいたためか、結局、正社員として採用されることはありませんでした。

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)より

自分には資格がない

バイトは続かない、正社員にもなれない。「自分は何もできないんだ」という思いから、私は心身ともにボロボロで「もう限界」という状態になってしまいました。

どん底の状態で生きているうちに、自分のなかで「私には〇〇する資格がない」「〇〇したらバチがあたる」という気持ちが生まれてきました。成人しても「私なんかがお酒を飲むなんて、してはいけない」、買い物に出かけても「私なんかが新品の服なんて買っちゃいけない」と。今ふり返ってみると自分自身を大事にできていない状態でした。自分が何を思って、何をほっしているのかが、わからなかったんです。

次ページどん底まで追い詰められたが、開きなおって漫画を描いた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT