民主主義がアフリカ経済を殺す 最底辺の10億人の国で起きている真実 ポール・コリアー著/甘糟智子訳 ~よりよい国民国家形成なき貧困脱出は可能か


 アフリカでは珍しく規律ある大統領の、大統領になる動機が強固な軍隊を作ることだという記述に、富国強兵にいそしんだ先達を思い出しもする。信頼されない政府はむしろ課税水準を高めないという記述には、現在の日本のことかとも思った。

ただし、植民地からの独立運動は国民的アイデンティティを生む機会だと思うが、それについての記述がない。多様すぎる国家の選挙は比例代表制の議院内閣制にすべきという政治学者の議論もあるが、それについても触れられていない。いくつか疑問もあったが、細心な分析から大胆な提案を導いていく記述には感銘を受ける。

アフリカ経済のみならず、よりよい国家の形成に関心を持つ方には必読だ。

Paul Collier
オックスフォード大学教授・同大学アフリカ経済研究センター所長。開発経済学の世界的権威。研究テーマは、低所得国のガバナンス全般、デモクラシーの政治経済学、内戦の経済学、グローバリゼーションと貧困等。前著に『最底辺の10億人』。

日経BP社 2310円 318ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT