ブロンコビリー、毎月の泊まり込み合宿が外食屈指の高収益を生む《ものすごい社員教育》

拡大
縮小


狙いはパート・アルバイトとのコミュニケーションの改善。伝えたい内容がうまく伝わらないときでも、小学生たちが意思統一を図り大会に臨む様子から、コミュニケーション改善の秘訣をくみ取ろうという変わった試みだ。

22時前後からコンパが始まる。とはいえ酒を飲んでいるばかりではない。乾杯の音頭もつかの間、社員が社長に対して直接質問を投げかける。それに社長がマイクを持って答える。

「成績がなかなか上向かないのですが……」「短期的に見てはダメ。立地の問題もあるから次に君には繁昌する店を任せてあげる。ただ、今は自分で改善させるすべを考えなさい」。

質問に対して、それぞれ大体30分以上の回答をする。「社長と直に会話を交わすことで自分を見つめ直すきっかけになる」と参加している店長は真剣そのもの。飲みながらの対話は深夜2時まで続いた。

社員教育に力点移し 経営不振から挽回

合宿研修は1983年の創業時から行われていたわけではない。もともと月1回の対話集会などにより、社員教育を重視はしていたが、今のような研修を始めたのは、05年3月だ。キッカケは、経営危機だった。

01年にBSE(牛海綿状脳症)が同社の業績を直撃。売り上げが落ち続ける中で、竹市社長は商品の低価格化、低採算のサラダバーの廃止、肉のうまみを引き出す炭焼きグリルから一般的なグリドル(鉄板焼き器)への移行など“効率化”を進めた。だが、成果は上がらず赤字経営に陥り借金も急増した。「経営方針の根源を見つめ直す必要に迫られていた」(竹市社長)。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT