この局面の濃厚者接触者探しが極めて不毛な訳

感染研がこだわるクラスター対策、今はムダだ

新型コロナウイルスは無症状感染者が多く、PCR検査能力が限定的だったこともあり、調査対象が絞られて、とても「積極的」とはいえない中途半端な調査だった。その結果、ウイルスを取り逃がし、流行は2波、3波と、大きくなりながら続いている。

この濃厚接触者について、実施要領には「必要な感染予防策なしで患者と15分以上の接触があった者」と書かれている。ある保健所職員によると、感染予防策は一般人の場合、「マスク」だ。距離の目安は1メートルとされている。マスク生活が当たり前になったいま、マスクを外して1メートルの距離で人と接するのは、会食の時や家庭が多くなる。

積極的疫学調査の予算を離さない感染研

この職員は、感染ルートで、経路不明に次いで家庭や会食の場が多くなるのは当然だと話す。こうした調査結果を根拠にして飲食店に厳しい対策がとられている。食事時に感染しやすいことは否定しないが、果たして、そこまでマスクに信頼を置いた政策を続けてもよいのだろうか。

画像をクリックすると、長期戦の様相を呈してきたコロナ禍の今を追う記事一覧にジャンプします

ある厚生労働省官僚は「公的PCR検査は積極的疫学調査の予算からお金が出ています。感染研はこれを握って離さない。新型コロナは無症状感染者が多いので、症状がある人が起点になるクラスター対策では制圧できません。中国をはじめ感染を抑え込んだ国は大規模なスクリーニング検査で無症状者をみつけて隔離しています。積極的疫学調査が続く限り、日本は流行と緊急事態宣言を繰り返して疲弊していくでしょう」と指摘している。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT