米ファイザー、欧州で「ワクチン訴訟」直面も 

製造工程変更で供給遅れ、変異種への効果は

米ファイザーの新型コロナワクチンワクチン供給の遅れを巡り欧州では批判が高まっており、訴訟に直面する可能性が浮上している。ニューヨークで昨年7月撮影(2021年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[チューリヒ 20日 ロイター] - 米ファイザーの新型コロナワクチンワクチン供給の遅れを巡り欧州では批判が高まっており、訴訟に直面する可能性が浮上している。

ファイザーと独ビオンテックは先週、共同で開発する新型コロナワクチン増産に向けた製造工程の変更を理由に、欧州諸国とカナダ向けの新型コロナワクチンの供給を一時的に削減すると明らかにした。今月25日をめどに当初の供給計画に戻る見通しという。

イタリアの新型コロナ問題に対応する特別長官は20日、同国へのワクチン供給が29%削減されることを踏まえ、ファイザーを提訴することを検討していると明らかにした。

ドイツのシュパーン保健相は、ファイザーのワクチン供給削減に不満を表明し、同国のワクチン接種計画が変更を余儀なくされる見通しとした。

スイスも直近受け取った供給量が予想以上に少なかったと明らかにした。同国のスキーリゾート、サンモリッツでは約10人に感染力が強いとされる変異種感染が確認され、高級ホテル2軒の従業員と宿泊客らが隔離されたばかり。

一方、明るいニュースも聞かれ、ファイザー・ビオンテック製の新型コロナワクチンが英国で見つかった感染力の高い変異種にも予防効果を発揮し得ることが新たな実験で分かった。

また、中国共産党系メディアの環球時報は15日付の社説で、米英メディアが「ファイザー製ワクチンの推進と中国製ワクチンの中傷を目的に宣伝力を駆使し、死亡例を意図的に軽視している」と批判した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT