アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

Honami氏の新著が1位、『LIFESPAN』が2位に

2021年が始まって約半月が経ちました。どんなビジネス書が読まれているのでしょうか?(写真:Graphs/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、1月10日~16日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『世界最高の話し方』が3位に

今週(1月10日~16日)のランキングでは、『大丈夫!すべて思い通り。 一瞬で現実が変わる無意識のつかいかた』(Honami著、KADOKAWA)が1位に輝いた。予約開始が影響している模様だ。

『大丈夫!すべて思い通り。 一瞬で現実が変わる無意識のつかいかた』(画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週28位だった『LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界』(デビッド・A・シンクレア著、東洋経済新報社)がラインクインした。アマゾンによると、テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』で紹介されたことが影響しているのではないかという。

3位には、前週12位だった『世界最高の話し方』(岡本純子著、東洋経済新報社)がランクインした。アマゾンによると、『日本経済新聞』に掲載されたことに加え、東洋経済オンラインの記事「日本人が苦手な「叱り方」、一気に上達する5秘訣」も影響しているという。

前週83位から13位に順位が急上昇したのが、『「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』(藤吉豊著、日経BP)だった。東洋経済オンラインの記事「仕事のできない人はメールの文面がイケてない」が影響している模様だ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT