「月給50万円でも看護師集まらない」日本の窮地

日本でもすでに「生命の選別」は行われている

医療逼迫下、日本でも「命の選別」は始まっている(写真:SOPA Images/Getty Images)

3度目のロックダウン下にあるイギリスでは、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が1日当たり6万人を突破し、死者が累計で8万人を超えた。

米SFテレビドラマ『宇宙大作戦』に登場するミスター・スポックのように、いつも沈着冷静な英イングランド主席医務官のクリス・ホウィッティ氏が悲壮感を漂わせながら英日曜紙サンデー・タイムズで「冬の病院は常に逼迫するが、いくつかの地域では最大の危機に直面している。感染爆発を抑えるため外出せず不必要な接触を避けよ」と訴えた。

生命の選別を意味する緊急トリアージが始まった

「世界の8割おじさん」こと感染症数理モデルのスペシャリスト、インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授も同紙に「コロナによる入院患者はさらに10~20%増え、新たな死者が2万人出るのを避けるのは難しい状況だ」と死者10万人超えの見通しを語る。ロンドンでは先週、30人に1人が新たに感染し、すでに第1波と第2波で人口の25~30%が感染したという。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

原則無料で医療サービスを提供する英国民医療サービス(NHS)の病院関係者は筆者に「ロンドンでは陽性の入院患者は春のピーク時より30%多く、6400人が入院中だ。集中治療室(ICU)のキャパシティーは現在1500床。今週には2000床必要になる。いちばん感染が広がるロンドン東部のバーキングでは25人に1人が陽性だ。山場は今週に来る」と語る。

コロナ入院患者はイギリス全体で現在3万559人。昨年春の最悪期の4割増しだ。英医師会のチャンド・ナグプール会長は会員への書簡で「コロナに感染した病院のスタッフは4万6000人を超えた。現在の救命救急治療の需要さえも管理するのに苦労している。そこにさらなる圧力が加わっている」と危機的な状況を報告した。

ロンドンのサディク・カーン市長は8日、「ロンドンでの新型コロナウイルスの感染爆発は制御不能である」としてテロや大規模火災の際に出される「重大事案」を宣言した。「制御不能」とはどんな状況なのか。インペリアル・カレッジ・ロンドンのカタリーナ・ハウク博士はロンドンの病院の状況をこう語る。

次ページ生存の可能性が最も高い患者を優先する緊急措置
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT