ルポ 戦場出稼ぎ労働者 安田純平著

ルポ 戦場出稼ぎ労働者 安田純平著

イラク戦争の大きな特徴に「戦争の民営化」が挙げられる。

米国防総省や米国務省などと請負契約を結んだ民間企業が物資輸送や警備、給食、洗濯、基地建設、車両整備、スポーツジム運営から「テロリスト」容疑で拘束したイラク人の尋問に至るまで、あらゆる分野で戦争の推進を担う。

そこで働くのは世界中から集まった貧しい出稼ぎ労働者だ。むろん彼らは軍人としての訓練など何一つ受けていない。

本書は2002年からイラク取材を続けてきたフリージャーナリストの著者が、自ら出稼ぎ労働者となって体験した戦場労働のルポルタージュ。

安い労働力なくしてはもはや成り立たない現代の戦争と、それを支える戦争ビジネスの実態を赤裸々に描く。

集英社新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。