高級スーパー成城石井を誰が射止めるのか

ファンド傘下の食品スーパーに小売り各社が熱視線

一方、買収のネックとなるのが、その金額だろう。丸の内キャピタルの前に成城石井の経営権を握ったのは、焼き肉店の「牛角」などを展開するレインズインターナショナル(当時)だった。

同社が成城石井の商品開発力の活用やグループの仕入れ規模拡大などを狙い、経営権を取得したのは04年。発行済み株式の約67%を65億円で取得した。つまり、当時の企業価値は約100億円。その後、丸の内キャピタルが買収を発表したのは11年。買収価額は非公表だが、400億円ともいわれる。

買収額は最低400億円?

仮に、ファンドの投じた金額がこの水準だとすれば、当然、丸の内キャピタルの売却意向額は400億円以上になる。13年末の成城石井の純資産額は約190億円。単純計算すると、400億円で買収できたとしても、200億円強もののれん代が生じる。決して安い買い物とはいえない。

成城石井は近年、毎期10店舗前後の出店を進め、高級スーパーとしては110店(13年末)と最大級の店舗数を誇る。こうした動きに対し、業界関係者からは「高級スーパーとしての希少価値が薄れ始めている」「輸入した加工食品の強さは認めざるをえない。だが、多店舗化で、今後は総菜などの店内加工の手薄さが目立ってくるのではないか」といった声も聞かれる。

各社が展開する業態と成城石井との親和性、そして関係者や各社首脳の反応を総括すると、有力視されるのがローソンで、それに続くのが三越伊勢丹HD。大穴でH2O、イオンといった構図だろう。最終的に成城石井を掌中に収める企業はどこか。そして同社は今後も快進撃を続けられるのか。業界の誰もがかたずをのんで見守っている。

 

週刊東洋経済2014年6月14日号〈6月9日発売〉掲載の「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT