「速すぎる箱根駅伝」厚底靴、本質すぎる5大貢献

「靴の性能だけじゃない!」何を変えたのか

ナイキの最近モデル「アルファフライ」ではなく、あえて昨年来のモデル「ヴェイパー」を履く選手もいる(写真:EKIDEN NEWS)

コロナ禍にありながら、好記録が連発された2020年シーズン。選手のトレーニングの賜物であることはもちろんですが、「選手の高速化の重要な要因に、シューズがある」ことも忘れてはなりません。

当然、注目が集まるのは「ナイキのシューズ」でしょう。やはり今年の箱根駅伝も「ナイキのシューズ」が席巻するのか。これに対しての答えは、「半分は正解で、半分は不正解」といったところです。

「厚底靴」がもたらした「大きな変化」

昨年の「全日本大学駅伝」を見てみると、全8区間の区間賞のランナーは、全員が「ナイキのシューズ」を履いていました。

表層的に見れば、今年も多くのランナーが「ナイキのシューズ」を履いて走るのは間違いありません。

「SHOE DOG」特設サイトはこちら

しかし、さらに解像度を高くしてみると、もっと深い「靴とレースの関係」が見えてくるのです。

ナイキがもたらした「厚底靴」というイノベーションが、箱根駅伝をはじめとして、日本と世界の中長距離界に「大きな変化」をもたらしています。

その真相について、本記事では解説します。

次ページ「どの厚底靴を選ぶか」にシフト
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT