隠れ「高学歴芸人」がどんどん増えていく"必然"

「おいでやすこが」のこがけんは慶應ボーイ

漫才やコントなどのネタを作るにも、

瞬発力ではなく、継続して笑いを生まなければならない。さらに、フリとオチを作るという構成力も必要。M-1優勝者の学歴を見ても、『銀シャリ』の橋本直さんや『笑い飯』の哲夫さんはともに関西学院大卒です。ある程度の地頭というか、考えられる力がないとダメなんでしょう

学生芸人の増加が高学歴化の要因の1つだ、というのはお笑い評論家のラリー遠田さん。

大学にお笑いサークルがあって芸人のような活動をしている学生が増えています。サークル同士でライブを開催したり学生芸人だけがエントリーできるお笑いコンテストを主催しています」(ラリー遠田さん、以下同)

早稲田、慶應、上智、同志社など比較的、偏差値が高いマンモス校は学生の数が多いため、自ずとサークル活動も盛んだという。

女性芸人も意外といる高学歴

上智はラランド、早稲田はにゃんこスターのアンゴラ村長など、お笑いサークルからプロになった芸人は年々増えています

お笑いサークルからプロになったにゃんこスターのアンゴラ村長(写真:週刊女性PRIME)

ここ数年、タレント番組出演数ランキングで常に上位にいる大久保佳代子も、お笑いサークル出身。前出の成田さんは、

エロネタで笑いを取る大久保さんもああ見えて、国立の千葉大学文学部卒(笑)。相方の光浦靖子さんも、東京外国語大学外国語学部インドネシア語学科卒。相当インテリなコンビですよね

ラリー遠田さんは学生に呼ばれて、お笑いコンテストの審査員を務めた際、

非常にレベルが高いと感じました。そこで優勝する学生芸人は、プロにも負けていないと思うほどでした

注目の若手芸人を聞くと、

真空ジェシカですね。彼らは青学と慶應の学生芸人でした。M-1グランプリでは、2年連続で準々決勝に進出する実力。変わった芸風なんですが、ハマるとクセになる面白さがあります

ダウンタウンの功績が、結果的に芸人の偏差値が上げてしまった──。これもまた“ダウンタウン病”の症状のひとつと言えるのかも。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT