プロ引退1年、森福允彦を今も支える2つの武器

ホークス、巨人に在籍し、33歳で戦力外通告

2月に入ってほどなく、古巣のキャンプ地を訪れるなど、新生活をスタートさせた。ただ今年は、新型コロナウイルスの感染拡大とタイミングが合ってしまった。開幕は約3カ月の延期。それでも開幕日未定のまま、行われた練習試合などで解説者デビューも果たした。

とにかく前向きだ。2019年まで、野球漬け。学びと並行して「1年はゆっくりしたいな、というのはありましたね」というのは本音だろう。コロナ禍も「そういう時間」と捉え、自身の将来について「じっくりと考える時間を取ることができました」という。

開幕以降もテレビ、ラジオの仕事をこなす。「試合展開をつかんだり、配球を読んだり。そういう勉強をしているところですが、まだまだと感じています」という。新たな挑戦に取り組む一方で、「独身なので時間はありますからね」と話し、コロナから距離を取れる余暇として、今まではオフにしかできなかった大好きなゴルフも満喫している。

もちろん、こうして自由を楽しめる時間が限られていることもわかっている。個人の自由より、球界への恩返し、できれば指導者としてこれまでの経験を若い選手たちに伝える仕事を優先したい。

現役の13年間は「本当に楽しかった」

「武器」はそろいつつある。アマチュア時代の野村克也、プロ入り間もなくの鳥越裕介をはじめとする、多くの指導者や同僚を通じて得た知識。そして自身の経験。さらには、森福ならではのポジティブな世界観もある。

つらいこともポジティブに受け止める森福。TBSテレビ『プロ野球戦力外通告』は12月29日夜11時10分から放送(写真:TBSテレビ)

いまだに振り返られる場面。2011年、中日との日本シリーズ第4戦。1点リードの6回無死満塁でマウンドに上がり、この絶体絶命のピンチを無失点で切り抜けたシーンは「森福の11球」として語りぐさとなっている。

こうした数々の武勇伝がある一方、ラストシーズンとなった2019年6月21日には、巨人の投手として、交流戦で古巣と対戦する。こちらも6回。同点の2死満塁で、同期入団の福田秀平に痛恨の勝ち越し満塁弾を許した。これが最後の登板となった。強烈な終焉(しゅうえん)。

しかし、森福は現役の13年間を「本当に楽しかった」と振り返る。「ホークス時代の10年間も、ジャイアンツでの3年間もすべてです」と言い切った。もちろん「つらいことはありましたよ。でもそれもポジティブに受け止めれば、必ず後になって楽しいことが来ますから」というのが、森福ならではの発想だ。これもまた、これからの「武器」となるのではないか。

「僕は(アマチュアの)スターとしてプロ入りしたわけではない。敗戦処理も含めて、いろんなポジションを経験しました。そういうところからはい上がったという経験は、伝えていけるんじゃないでしょうか」

始まったばかりの、森福の第2の野球人生。これからも恵まれた出会いと、ポジティブな思考で、より彩り豊かなものとなっていくことだろう。

(文中敬称略、文:西下純)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT