亀井大臣が郵政改革法案提出は4月中と明言、明日基本方針公表

亀井大臣が郵政改革法案提出は4月中と明言、明日基本方針公表

亀井静香・金融担当兼郵政担当大臣は23日、閣議後の記者会見で郵政改革関連法案の国会提出は4月中になるという見通しを語った。同本案の前提となる基本方針は明日24日に発表する予定だ。

同大臣は年明け直後、「2月末までには基本方針を明らかにしたい」と発言していた。したがって、当初に比べると、最終的には一カ月余りスケジュールが遅れたことになるが、その背景に日本郵政の非正規社員の正規社員化問題があったことを明らかにした。

正規社員化問題に具体的な方向付けをしないと、「日本郵政全体のあり方の結論を出せない」ということで、斉藤次郎・日本郵政社長と議論してきた経緯を説明。この問題について、10万人近くの非正規社員を逐次、正規社員化する方向で結論を得たことで、今回の法案提出になったとした。

(浪川 攻=東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT