亀井大臣が郵政改革法案提出は4月中と明言、明日基本方針公表

亀井大臣が郵政改革法案提出は4月中と明言、明日基本方針公表

亀井静香・金融担当兼郵政担当大臣は23日、閣議後の記者会見で郵政改革関連法案の国会提出は4月中になるという見通しを語った。同本案の前提となる基本方針は明日24日に発表する予定だ。

同大臣は年明け直後、「2月末までには基本方針を明らかにしたい」と発言していた。したがって、当初に比べると、最終的には一カ月余りスケジュールが遅れたことになるが、その背景に日本郵政の非正規社員の正規社員化問題があったことを明らかにした。

正規社員化問題に具体的な方向付けをしないと、「日本郵政全体のあり方の結論を出せない」ということで、斉藤次郎・日本郵政社長と議論してきた経緯を説明。この問題について、10万人近くの非正規社員を逐次、正規社員化する方向で結論を得たことで、今回の法案提出になったとした。

(浪川 攻=東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。