5時間半で800km!VW「ジェッタ」爆走の結末

ドイツ・アウトバーンでひたすらエンジン全開

モータージャーナリストである筆者が、800kmもの道のりを5時間20分で運転することに…!! (画像:LEON編集部)
突如出されたスケジュールは、800kmもの道のりを約5時間半で運転することだった。クリアするべく思い浮かんだ案は「コバンザメ作戦」!

ドイツで「とんでもない移動」をすることに!

1984年の暮れか85年の初めだったかと思う。いずれにしても、寒い季節だったのは間違いない。途中で雪に見舞われたのだから……。場所はドイツ、クルマはVWジェッタ(2代目初期モデル)のコンビネーションで、とんでもない経験をした。

本記事はLEON.JPの提供記事です

その日僕はハノーバーのホテルで目覚めた。数人の日本人ジャーナリスト、そして、VWとアウディ広報部門の責任者(日本)であられたRHJ氏が一緒だった。

午前中は、ハノーバーにあるコンチネンタル本社を訪問/見学するプログラムが組まれ、ホテルに戻ってランチ……そこまでは何事もない平穏な時間を過ごした。ランチ後にドイツ南部まで移動することはわかっていたし、移動手段がVWジェッタだということもわかっていた。

アウトバーンを使ったドイツでの移動は数百kmに及ぶことが珍しくないし、詳細を知るまでは「いつもの移動」とたかをくくっていた。ところが、ランチが終わり、移動の詳細が知らされたときは驚いた。「とんでもない移動!」だったのだ。

オーストリア国境に近い小さな町のホテルが到着地だったが、ハノーバーのホテルからの距離は800km近く。そして、そのホテルでのディナーが18:30!!

ミーティングが終わったのは13:00。ホテルを出発したのが13:10くらいだったから、5時間20分で800kmを走らなければならない。単純計算で、平均速度は150km/h になる。いくらアウトバーン(当時はほとんど速度無制限)を走るとはいえ、「ほんとに!?」としか言いようがないスケジュールだった。

参加者全員が「ウッソだろー!?」みたいな反応をしたが、当然だろう。しかも、足はVWジェッタときている。1.8リットル・4気筒/90psのエンジン+4速MTのファミリーセダンだったのだ。

次ページクリアするために案じた作戦は…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT