「郵政改革の基本案は3月24日に公表」と亀井静香・郵政改革担当大臣が明言

「郵政改革の基本案は3月24日に公表」と亀井静香・郵政改革担当大臣が明言

亀井静香・金融担当兼郵政担当大臣は19日、郵政改革の基本案を3月24日に明らかにする、と語った。

閣議後の会見で亀井大臣は「前日の23日に原口一博総務大臣、斉藤次郎日本郵政社長から最終的な意見を聞いたあとに私が決める」というスケジュールを示した一方で、「骨子はほとんど決まっている」と、すでに意中の案があることを示唆。さらに、非正規社員の正規社員化については、10万人の正規社員化を明言。それに伴う人件費の増加に対して、「税金を注ぎ込むことはない」と公的関与を否定。日本郵政が合理化等でまかなう方針を示した。たとえば、いわゆる日本郵政のファミリー企業について「必要性があるものは子会社化し、必要性がないものは排除していく」というリストラを求めると言う。

もっとも、10万人規模の正社員化に伴う人件費の増加額は相当額に達することはまちがいない。それを日本郵政の自助努力のみで吸収できるかどうか、きわめて微妙、と言わざるを得ない。

(浪川 攻=東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。