あと50年で「平均寿命」が33年も延びる理由

健康長寿を可能にする科学とテクノロジー

「平均」というからには、人口の半分はその数字を上回ることを意味する。確かに、さまざまな科学技術の進歩がすべて足し算になるとは限らないし、食事に気をつけて運動する人ばかりでもないだろう。

しかし、忘れないでほしいのだが、私たちが長く生きれば生きるほど、まだ予見できない医療の画期的な進歩の恩恵を受ける確率は高まる。

しかも、すでに成し遂げられた進歩が消えるわけではない。だからこそ、『スター・トレック』の世界がどんどん近づくにつれて、私たちが1カ月生きるごとに寿命が1週間延びるのだ。今から40年もすれば、それが2週間になっていてもおかしくない。

80年たったら3週間だ。今世紀が幕を閉じる頃には、なんとも面白いことになっていそうだ。1カ月間死なずにいるだけで、新たな寿命が4週間つけ足されるのである。

未来の数字への心の準備

人類で最も長く生きたとされるジャンヌ・カルマンも、いずれは史上最高齢のトップ10から外れるだろう。それは、こうした理由があるからだ。さらにはその後20年もしないうちに、トップ100のリストからも滑り落ちるに違いない。そのあとはトップ100万にすら入らなくなる。

かつて110歳を超えるまで生涯を送った人たちが、こうした科学技術の恩恵をすべて受けることができていたらどうなっただろうか。120歳や130歳にまで達していた? その可能性はある。

人前でそういうのんきな数字を語るのはいかがなものかと、私はよくほかの科学者からたしなめられる。「よしたほうがいいよ」。最近も研究仲間の1人が善意からそう忠告してくれた。

「どうして?」「だって、世間はまだそういう数字に心の準備ができていないからね」

私はそうは思わない。10年前の私は、医療を改革して患者のためになるものにしようと話しただけで、同業者の間で浮いた存在になっていた。

ある科学者などはこう返したものである。研究者としての私たちの本分は「ただ何かの分子がマウスの寿命を延ばすことを示すだけでいい。それを受けてどうするかは市民が決めてくれるだろう」と。本当にそうならどんなにいいか。

今では、同じ分野の大勢の研究者が、私と同じくらい未来に明るい見通しを抱いている。表立って認めていないとしても、心の内ではそうなのだ。3人に1人くらいは、NAD増強分子かメトホルミンを間違いなく飲んでいるし、少量のラパマイシンを断続的に服用している者だって何人かはいる。

次ページ世界のリーダーたちも注目する「老化研究」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT