歌舞伎町No.1ホストが叩きこまれた接客の流儀

かつての不夜城は粋なお客に支えられていた

その後、約20軒の若いホストを中心とした深夜営業の店がホストクラブの主流に変わり、お客様も仕事終わりの水商売や風俗の方が中心になっていく。この時期がホストクラブの大きな転換期だった。深夜のまた貸しという状況でホストクラブが乱立していけば当然秩序は乱れていった。

この時期のことは、石井光太『夢幻の街』に詳しい。

ホストのカッコよさは「漢らしさ」だった

当時のホストたちは「漢(おとこ)」だった。女を3歩下がってついてこさせる男がカッコいい。という文化だった。接客で楽しませる。というよりも、如何にモテる男でいるか? ということが価値基準だった。私が入店したお店の先輩たちも全員漢だった。

ある先輩に、3人バラバラのお客様を呼んで並んで座らせて、私に「接客してみろ」と言われたことがあった。3人ともお互いの顔は知っている。でもそれぞれがその先輩ホストのいちばんの女だと思っている。それを並ばせても3人のお客様は文句を言わなかった。私はただ1人で喋り続けた。

お店は売り上げを上げる建前の場所だった。「うらっぴき」という言葉が当たり前にあって、表向きは禁止されているが、たいがいのホストはうらっぴきをしていた。

つまり、お店以外で直接お客様に会ってお金を貰う。そして店を辞めてヒモになってしまう人もたくさんいた。新規でやってくるお客様は「枝」と呼ばれる元々のお客様の連れか、キャッチで捕まえてきたご新規さんのどちらかだった。『マンゾク』『ナイタイマガジン』という風俗誌にちょっとだけホストコーナーがあったが、それを見て来る人がごく稀にいた。

だからまずは、枝を連れてきてくれる幹のお客様に認められて枝を紹介して貰うことが大事だ。それはイコール、そのお客様が指名している先輩ホストに可愛がられることが大事という意味だった。というか、お客様は大体ホストの言うことを聞くので、先輩に好かれることのほうが大事だった。先輩に認められるとお客様にも認められるという図式だった。

次ページお客様はホストの言いなりの搾取される女性たちではなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT