K-POPが嫌韓ムードなのにやたら重宝される訳

日本の音楽番組でK-POPグループが目立っている

韓国・ソウルの大型ビジョンに映し出されたNiziU(写真:Lee Jae-Won/アフロ)

毎年11月に「紅白歌合戦」(NHK)の出場者が発表されると、1年の終わりを感じ始めるのではないでしょうか。テレビ業界では、そのころから各局が1年を締めくくる大型音楽特番がスタート。25日にそのトップバッターとして、日本テレビが4時間特番の「ベストアーティスト2020」を放送しました。

放送後、ネット上にはさまざまな記事やコメントが飛び交っていますが、なかでも目立っていたのはK-POPグループに関するもの。実際、同特番には、IZ*ONE、ジェジュン、TOMORROW X TOGETHER、NiziU、BTS(五十音順)の5組が出演し、NiziUは2回パフォーマンスを披露しました。

12月2日、9日の2夜にわたって放送されるフジテレビの「FNS歌謡祭」にも、すでにIZ*ONE、ENHYPEN、ジェジュン、NiziU、BTSの出演が発表済み。なかでもENHYPENは今年オーディション番組で結成されたばかりのグループで日本の音楽番組初出演であり、さらなるK-POPグループの出演も考えられます。

また、テレビ朝日が12月25日に放送予定の『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』、現段階では未発表ですが、例年放送されているTBSの『CDTVスペシャル! クリスマス音楽祭』へのK-POPグループ出演も間違いなくあるでしょう。

「戦後最悪」と言われるほど日韓関係が悪化し、「嫌韓感情が増した」という人は決して少なくありません。そんな批判を受けやすい状況の中、なぜ各局はK-POPグループを重宝するのでしょうか。掘り下げていくと、主に4つの理由が浮かび上がってきました。

スポンサー受けのいいファン層と熱気

真っ先に挙げなければいけないのは、ファンの熱気と年齢層。

例えば、NiziUのプレデビューアルバム『Make you happy』はオリコンで女性アーティスト初となるデジタルランキング3部門同時1位のほか、国内音楽配信サイトで87冠、MVの再生回数も2カ月で1億回突破。12月2日リリースのデビューシングル「Step and a step」のMVも公開1日弱で1000万回突破する盛り上がりを見せています。そのほかにも、昨年12月に東京、1月に大阪、2月に福岡でドーム公演を行ったBLACKPINK、同じく3月にドーム公演を予定していたTWICE、アメリカ・グラミー賞にノミネートされたBTSが日本でも人気があることは言うまでもないでしょう。

次ページネット戦略にも長けている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT