「ジモトでまったり」はそろそろ限界?

マイルドヤンキーの先にある、選ぶ・作る“新しい地元”

「地元」に閉じこもっていてはなかなか前に進めない

そんな状況を打開するきっかけになったのが出版業界の人たちとの出会いだった。もともと僕が編集者志望だったこともあって、話が通じやすく、自分がやりたいことを理解してもらえることも多かった。そして、こうした出会いを通じて広がった人間関係は、僕にとって新たな「地元」のように感じられた。

別のコミュニティには、別の評価基準がある。僕の場合、別の業界の人たちとの出会いを通じて自分の資質を見いだし、そこで得たネットワークを「地元(放送業界)」に持ち込んで攪拌することが、新番組の立ち上げや出演者の発掘につながった。そして番組という形で具体的に「自分が何者か」を示すことで社内の理解を得やすくなり、思いのほか賛同者がいることもわかったのだった。

放送中に交わされた議論でも「地元は一つではない」「地元を選ぶこともできる」という話が出てきた。仕事で行き詰まっているとき、社内という「地元」に閉じこもっていてはなかなか前に進めない。かといって、ただお客さんとしてあちこちに顔を出しているだけでは力にならない。

もう一つの地元を探す、新しい地元を作る、そしてそこで得たものを持ち帰って攪拌する、そんなつもりで動いてみるのがいいのではないだろうか(なお、今回の放送は番組サイトからポッドキャストで聴くことができる。過去の放送回もすべてアーカイブされているので、よかったらぜひお試しを)

構成:宮崎智之
撮影:会田邦秋

「週刊東洋経済」2014/5/24号:雇用がゆがむ

 ☆★☆お知らせ☆★☆

放送中のスタジオ内の様子

この記事で取り上げられた最新の「文化系トークラジオLife」(4月27日放送分)は、ポッドキャストでも聴けます。
「マイルドヤンキー限界論~"ジモトでまったり"では生きられない時代に必要な力」
最近「マイルドヤンキー」、「ヤンキー経済」という言葉が流行っていますが、Lifeでは2008年から同様の指摘をしていました。しかしもはや、マイルドヤンキー的な生き方が維持できない時代になりつつあるのではないか? という危機感のもと、“これからの時代に必要な力”を考えます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT