JR東海と県の対立をあおる「静岡新聞」への疑問

大井川流域で圧倒的存在感、住民への影響力大

国交省で開かれた第6回リニア有識者会議。静岡県の難波喬司副知事も出席した(国土交通省提供)

国土交通省のリニア有識者会議が10月27日に開かれ、JR東海は当日の会議テーマとかけ離れた、「大井川直下の南アルプストンネル掘削工事で大量湧水の可能性は小さい」などと説明した資料を提出した。専門家から異論、反論はまったく出ず、JR東海の主張がそのまま受け入れられた。

会議終了後の会見で、静岡新聞は有識者会議の結論にかみつき、国、JR東海へ何度も疑問を投げかけた。これまで同紙はJR東海の非公表資料を元に「大井川直下の大量湧水の懸念」を繰り返し報道、これに応える形で川勝平太静岡県知事は資料の公開を要求、“連携作戦”を展開していた。

JR東海は専門性の高い基礎データであり、住民らに不安を与えると公表を差し控えていた。有識者会議の翌日の新聞各紙の紙面を見ると、ほとんどの新聞が「中下流域の地下水への影響は極めて小さい」という有識者会議の結論を報じていたにもかかわらず、静岡新聞朝刊は「地質議論深まらず」と会議の結論を無視した。これでは流域住民の不安は解消されず、リニア問題解決の妨げになるだろう。

スクープ仕立ての記事

JR東海の言う基礎データとは、トンネル建設で大井川の流量減少を毎秒2トンと推定した調査報告資料。県から「毎秒2トン減少」の根拠を示すよう求められたため、2018年10月、地質調査、ボーリング調査結果、地表踏査や水収支解析などに使った膨大な基礎データ54冊を段ボール14箱に詰めて、県に8カ月間、貸し出した。

その中の1つが、南アルプスの地質調査データを示した大開き1枚の断面図で、注釈として数多くの「コメント」が付けられていた。

静岡新聞は、その「コメント」の一つを写真撮影、『大井川直下「大量湧水の懸念」 JRの非公表資料に明記』の1面トップ記事を9月10日付で掲載した。『JR東海の非公表資料が存在することが、9日までにわかった』と、まるでJR東海が隠していた資料を入手したかのようなスクープ仕立てとした。

次ページ紙面で「大量湧水の懸念」を強調
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT