中国、80の国家プロジェクトを民間に開放

市場の役割を強化へ

 5月21日、中国の国家発展改革委員会は、民間投資に開放する80の国家プロジェクトの詳細を公表した。写真は2008年8月、北京で(2014年 ロイター合弁事業や全額出資会社、フランチャイズの形式で参加が可能としている。 The shadows o/Phil Noble)

[北京 21日 ロイター] - 中国の国家発展改革委員会(NDRC)は21日、民間投資に開放する80の国家プロジェクトの詳細を公表した。合弁事業や全額出資会社、フランチャイズの形式で参加が可能としている。

中国はこれまで国有企業が独占していた産業に民間資本を受け入れることで、経済における市場の役割強化を目指しており、李克強首相は4月、エネルギーや情報、インフラ部門の80事業について、民間投資を認める方針を示していた。

全体の3分の1近くが交通インフラ関連で、北京の地下鉄や長春と内モンゴル自治区の都市を結ぶ鉄道網などが含まれる。

情報関連のインフレは2件、その他は中国石油化工(シノペック)の液化天然ガス(LNG)プロジェクトや四川省の水力発電など、エネルギー関連となっている。

80のプロジェクトには国有通信大手3社や中国鉄路総公司が所有する資産が対象に入っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT