体育会系の営業がやっている「売り込み」のムダ

「鋼のメンタル」も「強引さ」もいらない営業術

「営業=売り込み」はもう古い? 「鋼のメンタル」も「強引さ」もいらない営業術をお伝えします(写真:xiangtao/PIXTA)
1500人規模の上場企業で、売り込まずに商品を販売する独自メソッドを確立させ、143日間連続で契約を受注した」経験を持つ、営業コーチング・マーケティングコンサルタントの中尾隼人氏による連載「年収1000万円を実現する“ひとり起業術”」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイトアルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

「営業」っていう仕事。あなたはどんなイメージを持っていますか?

・言葉巧みに自分の商品を売り込む仕事
・相手に好かれるために明るいキャラを演じる必要がある仕事
・断られても立ち向かえる「鋼のメンタル」と、少々「強引なトーク力」がないとできない仕事

実は営業未経験の人だけじゃなく、実際に営業をしたことがある人ですら、こんなイメージを持っている人がとても多いんです。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

自分で起業したり、仕事で営業に配属されたら、売上を上げるためにやらないといけません。

とはいえ「売り込み大好き!」なんて人でもない限り、押し売りは絶対にしたくないはず。そこで、今日伝えたいのはまったく逆の営業方法についての話です。

・強引に売りこまなくてもどんどん商品が売れる方法
・嫌なお客さんに無理に合わせなくても商品が売れる方法

そんな方法があります。きっと古臭い営業のイメージがガラッと変わりますよ。

体育会系の営業手法はもう古い

最初にハッキリさせておきたいのが、「営業=売り込み」は大きな勘違いだということ。残念なことに、会社でこのように教えられる人も少なくないと思います。

「結局、営業ってのはどう売り込むかなんだよ!」

「一度断られてからが、本当の営業の始まりなんだよ!」

こんなワケがわからない体育会系の教えが、いまだに行われています。でもそんな教え方をする上司に限って、

・うだつの上がらない成績だったり……
・クレームの量産工場だったり……
・10年以上前の過去の栄光を引きずっていたり……

「売り込み」なんて、“する方”も“される方”も嫌ですよね?そもそも人が嫌がる売り込みをして「人の役に立つ」商品を売るって、無理があります……。

次ページ必要なのは「事前準備」と「仕組み化」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT