ヤフー、「イー・アクセス買収中止」の不可解

この2カ月間にいったい何があったのか

買収は中止。しかし、3月27日の発表会で明らかにした「ワイモバイル」への社名変更は予定通りに行われる

欲しいと言ったのもヤフーの宮坂学社長、いらないと言ったのも同じ宮坂社長――。もしこれが本当だとすれば、ずいぶんと軽率な判断をしたものだ。

ヤフーがソフトバンクから傘下の携帯通信会社イー・アクセス(6月にウィルコムと合併)を買収すると発表したのは3月27日。それからおよそ2カ月後の5月19日、買収中止を発表した。

当初から、やや理解に苦しむ買収だった。そもそもヤフーはソフトバンクの子会社。イー・モバイルがソフトバンク傘下からヤフー傘下に移ることで起こるのは、負債の肩代わりを含めた4500億円の現金の移動。東洋経済は、3月の発表当初から、キャッシュリッチなヤフーから、大型M&A続きで資金を必要とするソフトバンクへの資金移動に過ぎないのではないか、と指摘してきた。ヤフーが買収するメリットが見当たらないためだ。

株価は大幅に下落

そもそも、イー・アクセスの大半がモバイルWi-Fiルーターのユーザーだ。同じくウィルコムも「だれとでも定額」などの音声定額サービスが中心で、スマホユーザーは少ない。「スマホユーザーを取り込み、ネット広告を伸ばしたい」という宮坂社長の説明には飛躍があった。また、携帯ショップ1000店を取り込み、ヤフーの各種サービスを勧めるというのも、来店客にとってニーズがあるかどうかは不透明だった。

株式市場もこの買収を嫌気した。発表翌日28日の株価終値は514円と前日から6%を超える下落となり、昨年12月以来の安値に沈んだ。5月19日の終値は408円まで下落している。

次ページソフトバンクの資金繰り事情に変化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。